FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ある秋の卒業式と、あるいは空を見上げるアネモイと。 」のレビュー

 朱門優の「ある秋の卒業式と、あるいは空を見上げるアネモイと。 」のレビューです。
ある秋の卒業式と、あるいは空を見上げるアネモイと。
朱門 優
評価:★★★★★(信者補正あり)


 この本はある夏のお見合いと、あるいは空を泳ぐアネモイと。 (一迅社文庫)の続編にあたります。前作を読んでいないと全く理解できませんし、既読の場合でも復習しておくことを勧めます。朱門もあとがきで書いていましたが、まさか「あるある」に続きがあるとは思いませんでした。それどころか、終盤にシリーズのお約束の展開が確立されて、さらに続きがありそうです。
 これまで「めぐり、ひとひら。」「いつか届く、~」「きっと~」「あるある1」と朱門の作品を読んできましたが、文庫本一冊という少ないテキスト量に対する密度で考えると、この「あるある2」が最も朱門らしい作品といえるかもしれません。終盤の超展開や、やさしい善意・良心の世界、名前や言葉あそびなど、朱門独特のテキストがぎっしり詰まっています。そのため、朱門慣れしていない人はついていけない、ということになるかもしれません。「あるある1」を読んで面白く感じた人でも拒絶反応を起こすかもしれません。朱門嫌いには「はぁ?」という感じでしょう。
 今回もいろいろと仕掛けがありますので、帯やあらすじ、登場人物紹介などからいろいろと想像するとおもしろいと思います。読了後に読み返して伏線を発見するということもあると思います。
 新キャラが二人いるので、前作からのキャラクターの活躍が相対的に減った印象はありますが、前作の内容を踏まえた会話が展開されますので、描写や書き込みが足りないという印象は少なかったです。新キャラでは姉の日黄(たちもりかつみ)の方がいろいろと予想外で面白かったです。そしてかつみに対して早くから理解をしていたいちこに吹きました。妹の日草(たちもりかや)の方はボイスをつけた方がキャラクターが活きて破壊力が増すと思いました。
 前作は完結していると思ったら、今作で却って謎が増えましたが、朱門ならば加速しすぎることはあっても失速することはないでしょう。続編に期待したいと思います。

ある秋の卒業式と、あるいは空を見上げるアネモイと。 (一迅社文庫)ある秋の卒業式と、あるいは空を見上げるアネモイと。 (一迅社文庫)
(2010/04/20)
朱門 優

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

Hello World!!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
タグ

eden*
キサラギGold★Star
きっと澄み渡る朝色よりも
こんそめ!
晴れときどき天気雨
秋空に舞うコンフェティ
そらいろ
光輪の町、ラベンダーの少女
猫撫ディストーション
キッキングホース★ラプソディ
HappyWardrobe
置き場がない!
月染の枷鎖
置き場がない!
エヴォリミット
リアル妹がいる大泉くんのばあい
キサラギGOLD☆STAR
しろくまベルスターズ♪
星空のメモリア
暁の護衛
ひのまるっ

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プレイ予定
旧作 2010
黄昏のシンセミア
素晴らしき日々
アザナエル

2009以前
Forest Quartett!
Scarlett ~スカーレット~
さくらむすび
ワンコとリリー
クロウカシス
未来にキスを
そらいろ
彼女たちの流儀
ぐらタン
PP
星空プラネット
虹を見つけたら教えて。
ぽぽたん
プレイ履歴
2011
CARNIVAL
応援バナー
天使の羽根を踏まないでっ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。